JAPEIC 一般財団法人 発電設備技術検査協会

規格基準調査 Reserch on Standards and Codes

TOP >事業紹介 >規格基準調査 >業務一覧


規格基準の調査

発電設備機器に関する国内及び欧米の規格基準の調査を行っており、 一部の調査結果は、ボイラ・圧力容器の国際性能規定規格(ISO 16528)の制定に結び付きました。

規格基準の調査に際しては、規格の制定・改正の技術的背景に着目した調査を行い、 規格基準を制定・改正する際の根拠となる技術的事項に対する説明性を高めるよう努めています。

また、調査の一環として、経済産業省から下記の調査を受託しています。      

・高Cr鋼の長時間クリープ強度低下に関する技術基準適合調査(SHC)

・電気施設技術基準国際化調査(発電設備)(ITE)

・火力関係設備効率化技術調査(RSA)

・高効率火力発電設備健全性調査(RHC)

・発電用火力設備技術基準等国際化調査(IIP)

・発電用火力設備に関する技術基準の性能規定化検討調査(PRT)

・発電用火力設備に関する審査基準検討調査(SRT)

これらの成果は、火技解釈等に反映されています。

規格基準の作成

発電用火力設備の技術基準(経済産業省令第51号)及び同解釈における溶接部に対する要求事項についての検討を 当協会に設置した溶接専門部会で行っています。 溶接専門部会で検討した結果は、現行の技術基準の解釈に反映されています。 また、同部会では溶接に関する民間規格の検討も行っています。

当協会の規格基準スタッフは、国内外の発電設備機器関連の規格基準作成に参画しています。 参画の成果は、材料仕様、材料許容応力、設計規定、製造規定、試験検査規定に反映されています。

火技解釈のコンサルタント

当協会は「規格基準の調査」と「規格基準の作成」を長年にわたって行ってまいりました。

これらの実績により蓄積した技術的根拠を活かし、火技解釈についてのご相談を承っております。

ご相談をご希望の場合は、内容、料金についてお気軽にお問い合わせ下さい。